お水について

冬になると手が荒れやすくなりますね。この手荒れ、水と深い関係があるという事をご存知ですか。とくに冬に水仕事をすると手が荒れやすくなります。それはどうしてでしょうか。 今日は水と手荒れの関係についてお話していこうと思います。 寒い冬は、皮膚の新陳代謝が低下したり、汗をかくことも少なくなるため、手の潤いを保つことが難しくなるため、ダメージを受けやすい状態になります。そのため、夏の時期に比べて、手は荒れやすくなります。それだけではありません。 主婦は家事を行うので、なにかと水仕事が増えてきます。そのせいか冬の手荒れが昔よりもひどく、ケアしてもすぐに荒れるようになってきてしまいました。主婦の方が手が荒れやすくなるのは、食器を洗う洗剤が原因と言われています。お皿についた油と一緒に手の皮脂も落としてしまうからなのです。それだけではありません、冬になると寒いのでお湯を使うようになります。お湯は冷たい水に比べて、必要な皮脂膜を奪いやすいのです。

皮膚の新陳代謝の低下と、お湯を使用する機会が増えるため、冬の水仕事は手が荒れやすくなるのです。 手荒れを防ぐためには、手が水に触れる時間を短くする必要があります。そして、お湯の使用は出来るだけ避け、どうしても厳しい場合にはぬるま湯にとどめましょう。 あともう一つポイントがあります。手を塗れた状態にしておかないという事です。しっかりと拭き、ハンドクリームを塗りましょう。

カラコンといいますと、最近では若い女の子だけでなく、男女問わずに幅広い年齢層の人が使用するようになりました。

使用場所や用途によっておすすめのカラコンは違ってくるのですが、カラコン初心者の人がおすすめのカラコンとして求めている条件の中には必ずと言っていいほど「自然さ」「ナチュラルさ」が入っています。

カラコンの目的としてデカ目効果を求めている人が増えたために、デザイン性もカラーも充実し、選択肢が広がっているのですが、あまりに派手すぎたりしますと、場合によってはカラコンが浮いてしまって違和感を感じてしまうことがあります。

せっかくカラコンでおしゃれをするのに、着用して不自然な瞳になってしまったら意味がありません。

それに学生の場合は学校で禁止されていたり、OLの場合ですと職場において禁止されている場合もありますし、禁止されていなくてもTPOというものをわきまえることも大切です。

そんなときにはカラコンを使用しないのが一番なのですが、着けていないと落ち着かないといった人も出てきているほど、カラコンの重要性は高まっています。

そういったことから、おすすめのカラコンとして挙げられるもののほとんどが「自然に見えるのにデカ目」というナチュラルなカラコンが多くなっているのです。